2.19 (Mon)

競馬ブック  齊藤大輔 のデイリー展望

10R

春告草(はるつげぐさ)特別 C1(四)

ロックフレイバーの前走は初めての川崎遠征。勝ち馬も強かったが、ハイペース演出で展開も厳しかった。地元の1400mに戻って改めて注目。ロードオブイサチルも前走は好走歴のない船橋遠征で距離も微妙に長かった印象。こちらも地元浦和に戻れば巻き返し必至。フークリシャールは川崎遠征の前走で小回り適性の高さを証明。初めての浦和、昇級戦でも自分の形に持ち込めれば楽しみ。

11R

初音(はつね)特別 B2(三)B3(一)

昇級して更にB2との混合戦で格上が相手となるジョーエスポワールだが、移籍後3戦のパフォーマンスは圧巻。JRAでも未勝利脱出レベルの力があった馬だけに、メンバー強化でも中心に推す。強敵はケンキートス。前走は勝ち馬の地力が一枚上だったが、久々を考えれば上々の2着。叩いて同条件ならV争いは当確。地元では未勝利だが、前走圧勝の余勢を駆るイデアミラーグロも要注意。

12R

春の月(はるのつき)特別 C3選抜馬

浦和に転厩してから2000mで1、3着のクリスタルニキータが中心。前走は展開のアヤで、力負けではなく、今回は相手にも恵まれた印象。スムーズな競馬ができれば即反撃。ウォーターリリーは前走が初めての2000mだったが、渋太く脚を伸ばして4着。距離2度目で前進。一発ならゴールドビンテージ。発馬がひと息だけに、距離が延びて追走が楽になるのは歓迎。降級2戦目で改めて。