5.22

Relay Column

START

9R

カーネーション特別
C2選抜馬イ 2000m

JRAでデビューしてから12戦を消化。いまだ勝ち星に恵まれていないリンガススウィートだが、②着6回、③・④着が1回ずつと入着率は75%の安定派。3走前の川崎2000mで②着もあり距離もこなせる。軸はこれで良しとして相手探しの一戦。久々に先行できそうなカイジンビリーヴ、差し脚堅実なディープトラスト。
メンバーで一番の持ちタイムを誇るサンラグナニゲルあたりまで有力だ。
〈おススメの買い目〉
馬複 ⑧-①②④⑤⑩

10R

薫風(くんぷう)特別
C1選抜馬 800m

(ハイペースで主力伯仲)
レコルトハッピーに前走の走破タイムを更新されるようなら他馬は顔色なしだが、この馬にはスタートの悪さがついて回る。大外枠だとこれまでとは勝手が違い、多少のロスは覚悟しておく必要があるか。
昨秋に好タイムを連発したノースプリマが、スピードの持続力を持って対抗勢力に。内枠への対応がカギだが、ダイメイタマナもマークは外せない。
〈おススメの買い目〉
馬複BOX ①②⑤⑦⑫

10R

第7回 プラチナカップ
SIII 1400m

全日本2歳優駿、東京ダービー等ビッグタイトルを獲得してきたアランバローズは、前走がデビュー以来、最高の馬体重。6歳にしてなお成長を遂げている。浦和1400mの経験は浅いが、JpnⅢ③着があり不向きの感はない。揉まれない外枠を引き当てたのも強調点だ。ボンディマンシュはJRA在籍時、中京ダート1400mで3勝クラスを勝利。左回りは苦にせず連勝の可能性あり。紅一点ツーシャドーは前走の内容、時計が優秀。牡馬相手でも地元1400mなら。
〈おススメの買い目〉
3連単 ⑨→⑦⑧⑫→①③⑥⑦⑧⑫

12R

菖蒲月(あやめづき)特別
B2B3選抜馬 2000m

成績にムラのある馬が多く軸馬が難解で混戦。思い切った穴狙いもあり。妙味はパールアゲイン。初の2000mだが、1400mではダッシュ負けするところもありハナか番手が叶いそうで一変可能。一気の相手強化でも前走③着と距離適性の高さを見せたのはリュウノアン。終い一手だが続けての距離で前進可。遠征馬で注目はクールファイブ。転厩3戦目の前走B1下で僅差②着と好走。同様に展開鍵だが頭まで十分。
〈おススメの買い目〉
馬単 ⑥→①②⑦⑧⑨
TOPへ戻る