注目レース
マンスリーPICK UP
キャンペーン
LIVE配信
ABOUT / URAWA BLUE
マスク越しの挨拶にも慣れてきた。
距離をとって並ぶことや、
黙って食事をすることなんかも
仕方ないことだとわかっていても、
なんだか息苦しい毎日が続く。
目の前を馬たちが砂埃を上げて駆け抜けていく
久しぶりに興奮し、爽快な気分になった。
そう、ここは青空のもと、
馬たちが一番気持ちよく走る競馬場、
そして一番近くでそれを見ることができる場所。
URAWA BLUE、
誰かがそんなことを言っていた。
ここのBLUEが大好きになった。
大原優乃 オオハラ ユウノ
女優・グラビアアイドル。1999年10月8日生まれ。鹿児島県出身。A型。

2009年NHK教育テレビ「天才テレビくんMAX」のオーディションに合格し、ダンス&ボーカルグループ・Dream5を結成。2014年に「ようかい体操第一」が大ヒットし、同年の「NHK紅白歌合戦」に出場。その後はソロでグラビアアイドルとして人気を博し、2019年にはカバーガール大賞を受賞。現在は女優としても活躍の幅を広げ、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)をはじめ「ゆるキャン△」「真夜中にハロー!」(テレビ東京系)「あせとせっけん」(MBS系)など多数出演。
2022年度 浦和競馬プロモーション
ムービー「青い夢を見よう」
注目レース
浦和スプリントオープン
3歳以上オープン/1400m
6月30日(木) 11R 17:40(発走予定)
7月20日(水)に同じコース・距離で行われる南関東の重賞レース
「プラチナカップ(SIII)」の前哨戦と位置づけられる一戦。
今年で3回目とレースの歴史は浅いが、2020年は前年のJBCスプリント覇者のブルドッグボスが出走し優勝するなど、浦和競馬場で行われるテレ玉杯オーバルスプリントをはじめ、秋のダートグレード競走戦線での活躍を狙う南関東所属の実力馬たちの試金石とも言えるレースです。
2年連続で浦和所属馬が勝利、今年も地元浦和勢の活躍が期待されます。
ウラワールが毎月お届けする
「マンスリーPICK UP」
今月は、南関東牝馬二冠馬
スピーディキックをご紹介!
管理する藤原智行調教師に
お話しを伺いました。 
続きを読む
浦和競馬の公式アカウントを
フォロー&リツイートで応募しよう! 
#URAWABLUEをつけて引用リツイートすると
当選確率UP!
応募要項
■浦和競馬公式Twitter「#URAWABLUEキャンペーン」

①パソコン、スマートフォンから公式Twitterアカウント(@urawa_keiba)をフォローしてください。
②Twitter=キャンペーン投稿をリツイート。
③#URAWABLUEをつけて引用リツイートすると当選確率がアップします。
④ご参加頂いた方の中から抽選で下記の賞品をプレゼントいたします。

賞品
(1)浦和競馬イメージキャラクター大原優乃さんサイン入りオリジナル名刺
及びウラワールせんべい(8枚入りセット)5名様
(2)ウラワールせんべい(8枚入りセット)45名様

応募時に浦和競馬公式Twitterをすでにフォローいただいている方は、改めてフォローしていただく必要はありません。
・アカウントを非公開にしている場合、抽選対象外となります。
・当選通知前にフォローを外された場合、またはダイレクトメッセージを受け取れない設定にしている場合、当選は無効となりますので、あらかじめご了承ください。
・賞品画像はイメージです。
・賞品を選択することはできません。
・応募状況および抽選結果に関するお問い合わせにはお答え致しかねます。
あらかじめご了承ください。
・当選者には応募時に使用されたTwitterアカウントへのダイレクトメッセージにて
当選通知と発送先登録フォームのURLを送信させていただきます。
・応募完了後もアカウントのIDを変更されませんようお願いいたします。
・ご応募などに要する通信料は、お客様のご負担となります。
・応募に伴う使用機器の損傷、通信障害についての責任は一切負いかねます。
・本キャンペーンはTwitter社とは一切関係ありません。
・企画内容、賞品は予告なく変更となる場合があります。
・その他、埼玉県浦和競馬組合が不正とみなした方は当選対象外とさせていただきます。

※個人情報の取扱い
ご応募いただいた際のアカウント情報等は、本組合が、賞品発送および発送連絡の他、投稿者サービスの向上及び個人を特定しない統計資料の作成の目的で利用させていただきます。また、その情報を、投稿者の同意を得ないで業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。(法令により開示・提供を認められた場合を除きます。


※お問い合わせに関して
本キャンペーンは【浦和競馬SNSキャンペーン事務局】による提供です。
本キャンペーンについてのお問い合わせは
浦和競馬SNSキャンペーン事務局【campaign@urawablue.com】までお願いいたします。

Q1.
桜花賞と東京プリンセス賞を優勝し、最終戦の関東オークスは惜しくも3着でした。三冠レースを振り返ってみていかがですか?
藤原智行調教師
振り返ると楽しかったですよ。一番勝ちたかった地元の桜花賞を取れて、二冠を取った延長戦上が関東オークス。三冠レースは3歳の今しか取れないものなので、ここまできたら勝ちたい気持ちはありましたが、スピーディもみんなの期待に応えてよく頑張ってくれました。

 スピーディに対しても、加藤鈴幸オーナー、ヒデ(末田秀行厩務員)、ノリ(御神本訓史騎手)、みんなに感謝しかありません。関東オークスもやることはやったし、納得のいく競馬で最高のパフォーマンスを見せてくれました。
Q2.
スピーディキックの強さはどんなところですか?
藤原智行調教師
コントロール性と操縦性です。指示通り動いてくれて、どこから行っても最後は脚を使ってくれるすごい馬です。馬群で我慢をできる能力と突破能力もすばらしくて、牝馬にはなかなかつかない能力だと思います。
Q3.
普段はどんな性格の馬ですか?
藤原智行調教師
基本的には大人しくて、馬房で暴れるような姿は見たことがないです。でも、ツンデレなところはあって、何か気に入らないことがあると耳を絞って飛びかかろうとする仕草を見せて、怒っているのかなと思うこともありますが、基本的には扱いやすいです。
Q4.
厩舎では何て呼ばれていますか?
藤原智行調教師
「スピーディ」 「スピーディちゃん」です。
Q5.
厩舎の皆さんだけが知るスピーディキックの秘密は?
藤原智行調教師
前髪はかなり癖っ毛で、いわゆる天然パーマです(笑)。

 食のこだわりもすごくて、カイバに水を入れたら食べなかったり、ニンジンやリンゴも食べたがらないです。カイバにニンジンをざく切りにして混ぜるより、わからないようにすってごまかしてあげています。変わったことをするとカイバ桶に顔も入れなくなるので、ご飯はあっさりタイプの方が好きみたいです。

 元々の食が細くて、ヒデが1日5回に分けてカイバをあげています。青草は好きですね。
Q6.
癖はありますか?
藤原智行調教師
馬房は床にゴムを敷いて、その上に寝わらを敷いています。ヒデがいつも寝わらをたくさん入れてくれますが、スピーディはすぐにその寝わらをかき集めてゴムを出してかじって遊んでいます。ヒデもすぐに直してくれますが、またすぐにやるので、いたずら好きですね。
Q7.
現在のスピーディキックの様子は?
藤原智行調教師
関東オークス後も元気で、今は茨城県の森本スティーブルさんで調整中です。夏休みとして緩めるのではなく、1か月に1度のローテーションだったものを少し間隔を空けるイメージで、軽めでも乗り続けています。レース直後から僕たちも気持ちは切り替えて、次のステージに向けています。
Q8.
今後の予定は?
藤原智行調教師
今年の最終目標をJBCレディスクラシック(11月3日、盛岡、ダート1800m)にするのか、ロジータ記念(11月9日、川崎、ダート2100m)にするのかは話し合っているところで、その前に一度使いたいとは思っています。
Q9.
藤原調教師はスピーディキックと出会えたことでどんな部分が変わりましたか?
藤原智行調教師
益田競馬場が廃止されて浦和競馬場へ移籍し、ここまでがむしゃらにやってきました。ただ、強い馬が来た時にこのやり方で馬は走るのだろうかという葛藤もありましたが、スピーディがタイトルを取って証明してくれたことで、益田時代からやってきた馬作りが間違っていなかったというのは胸を張って言えるようになったのは大きいです。
Q10.
URAWA BLUE(浦和競馬)を盛り上げていくために頑張っていきたいことは?
藤原智行調教師
本当は三冠を取って盛り上げられれば良かったですが、ここで終わらせてはいけないと思っています。これからも重賞でちゃんと結果を出せるように、長く活躍させたいですね。もっとタイトルを取って、浦和の代表馬になれるように頑張ります。